【カンボジア】プノンペンのおみやげはロシアンマーケットで!

こんにちは!

もたろーです!^^

 

 

プノンペンでお土産ショッピングを楽しめる場所

 

さて、さて、本日はカンボジアでのおみやげ事情についてお話したいと思います。

 

以前、カンボジアのプノンペンで買えるオススメのおみやげについては紹介しましたね。

【過去記事】【必見】カンボジアのオススメのお土産3選

 

この記事は、カンボジアにある「商品」についての記事でした。

 

 

 

で今回、僕が紹介するのはズバリ、お土産ショッピングをする「場所」です。

 

 

海外旅行で「お土産を 買う」という行動には、その商品を買うこと自体よりも、その「ショッピング自体を楽しむ」という目的があると思います。

 

 

そこで、

 

プノンペンで「お土産ショッピング自体を楽しむ」という目的で場所を探すとなると、やはり「ロシアンマーケット」がオススメと言えるでしょう。

 

 

前置きが長くなりましたが、そんなこんなで、僕も今日はじめてロシアンマーケットへ行ってきました。

 

以下、写真つきでレポします。

 

ロシアンマーケット

 

ロシアンマーケットは、プノンペンのMao Tse Toung(マオセントン)通り沿いにあるToul Tom Poung(トゥールトンポン)寺より少し南下した位置にあります。

現地人の間では、トゥールトンポンマーケットとも呼ばれています。

 

写真 4

 

こちらの写真がマーケット内部です。

 

マーケットの規模としてはオルセーマーケットやセントラルマーケットよりも小さめなのですが、このロシアンマーケットの特徴は、観光客向けのおみやげが多いことです。

 

アジアンな小物や雑貨がところせましと並んでおります。

 

写真 2 (4) 2

写真 3

 

 

あとは、仏像なんかも多いです。

 

写真 2

写真 5

写真 1 (4)

 

カンボジアならではですね〜笑

 

日本の雑貨屋さんとかに置いたら、とてもよさげな商品たくさんあります。

 

アロマオイルとかも売っていて、値段は 小瓶で3USドル(ディスカウント希望すれば2USドル)。

安いですね〜!品質はどうかわかりませんが…。

 

 

 

こんなかんじで、同じようなお店がた〜くさん並んでいて、おねーさんやおばさんが「Hello May I help you?」と決まり文句のようにみんなが同じフレーズで話しかけてきます。

 

 

そんな中に、ちょっと小綺麗なお店がありました。

 

写真 3

 

Saboo Cambodiaという石鹸屋さんです。

 

写真 2

写真 5

写真 1

 

 

いろいろな種類の手作りせっけんが置いてありました。

 

ココナッツ、ラベンダー、ユーカリ、レモン、ジャスミンライス、バニラ、りんごミルク、チェリー、炭などなどたくさん。

 

お店にいたおばちゃん(韓国人)に話しかけたところ、彼女がオーナーだそうで、10ヶ月ほどまえにお店をスタートさせたようです。もともとアレルギー持ちの体質だったため、自分で身体に安心なナチュラルな石鹸をつくりだしたのがきっかけだそう。ケミカルなものは一切不使用。

 

このおばちゃん、あんま英語うまくないんだけど、やわらかい感じのいい人でした。

 

 

僕が購入したのはコチラ。

 

写真 (2)

 

ベルガモットの石鹸です。

すっきりとした匂いがします。

 

にきび予防、リラックス効果、不眠症予防などの効果があるそうです。

 

 

 

 

あと、この石鹸屋さんのすぐ近くに、Bodia Natureのお店もありました。

こちらはカンボジアで有名なおみやげブランドですね!

 

写真 5

 

カンボジアのコーヒー!いい匂い。

 

写真 4

 

これはマッサージに使う道具?だそう。

袋の中にレモングラス、しょうが、トウガラシといった身体をあたためるものが入っていて、これを温めた状態で肩などにのせるらしいです。

 

おもしろいですね〜。

 

 

 

あと、センスあるな〜と思ったお店は、こちらのポスター屋さん。

 

写真 1

 

なかなかいいデザインですね。

カフェとかに飾ったらオシャレです。

 

写真 4

写真 3

 

 

映画のポスターもありました。

 

写真 2

 

 

いいですね〜!

フランス人のデザイナーさんの作品らしいです。

 

 

 

以上、ロシアンマーケットのレポでした〜!

おみやげショッピングの際は、ぜひ訪れてみてくださいな。

 

 

 

追伸;

 

ロシアンマーケットはおみやげだけではなく、現地の人々のための食品や日用品なども売っているので、そちらもチラっと散策してみるとおもしろいですよ!

 

写真 1

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください