プノンペンからアンコールワットへの行き方まとめ(改訂版)

こんにちは、もたろーです。

 

以前書いたこともあるのですが、プノンペンからアンコールワットへの行き方を再度アップデートしてまとめます。

 

 

現在、日本からは成田〜プノンペンの直行便がANAから週7便就航しており、カンボジアの首都プノンペンへのアクセスはいいのですが、実は首都プノンペンからカンボジアの世界遺産アンコールワットへはかなり距離があるのです。


世界遺産アンコールワットがある街はカンボジアのシェムリアップという田舎町でして、首都プノンペンからはおよそ300kmほど離れています。シェムリアップは人口25万人という田舎町ですが、年間観光客数は500万人を超える観光都市です。その中心はやはり世界遺産のアンコール遺跡群であり、これを見るために毎年多くの人々がシェムリアップを訪れているのです。

 

では、プノンペンからは一体どうやって行くのがベストなのか?まとめてみました。

 

飛行機

最も時間を節約できるのが飛行機です。プノンペンからシェムリアップまでの飛行時間はおよそ30〜45分程度。現在、国内線を3社が就航しています。

 

 

カンボジアアンコール航空

一番まともな航空会社です。ウェブサイトも日本語で表示されるので、予約も簡単です。日本人の方が一番多く利用している航空会社だと思います。ただ、他の2社よりも値段は高いです。

 

バサッカ航空

とっても安いんですが、とってもボロい航空会社です。僕が以前利用した時は、座席の手すりにガムテープぐるぐる、離陸の際の振動で、テーブルがバタンと出てきてしまう始末。安いのには、それなりの理由がありますね。

 

カンボジアバイヨン航空

プロモーションがめちゃめちゃ安い航空会社です。平日の航空券だとたまに往復2ドルみたいな激安チケットがあります。僕はまだ利用したことはありません。

 

 

バス

コストをできるだけ抑えて移動したい方は、バスがオススメです。プノンペンからシェムリアップまではローカルのバス会社が何社も運行しており、だいたい片道10ドル前後です。走行時間はおよそ6時間。道路は舗装されていますので、時間がかかることを除けば、それほど過酷な旅ではないと思います。

 

オススメのバス会社はGigant Ibisですね。この会社が一番きれいなバスです。水や軽食も出してくれます。

 

レンタカー

実は、カンボジアでレンタカーを借りるという手もあります。レンタカーの場合だと自分で運転するので、バスより早く着きます。走行時間はだいたい4〜5時間程度でしょうか。カンボジアの田園地帯をひたすら走るのも、カンボジアならではの旅かもしれませんね。

 

 

オススメのレンタカー会社は、Lyna Car Rentalです。一番安い車種で、1日あたりおよそ35ドルです。ただし車を借りる時に、デポジット金として500ドルを支払う必要があります。車を返すときに返却されますのでご安心を。

 

車を持っていると、自分で自由に移動することができるので、旅の自由度がかなりアップしますよね。僕も友人と車で旅をするのが好きで、何より移動時間の会話がとても楽しいと思います。

 

これは僕もさすがにまだトライしたことがないのですが、どうやらプノンペンからシェムリアップまで優雅な船旅を楽しむことができるみたいです。

 


この船旅ツアーを提供しているのは、アクアエクスペディションズというシンガポールの会社。メコン川を上流まで進んで行くという3〜4泊のツアーです。お値段は30〜40万円ほどするみたいなので、超ラグジュアリーなツアーなのです。

 

予算に余裕のある方は、ぜひトライしてみてはいかがでしょうか?

 

 

以上、プノンペンからアンコールワットまでの行き方まとめでした。

 

良い旅を

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください