Sofitel Phnom Penh Phokeethra|プノンペンの高級ラグジュアリーホテル、ソフィテル・プーキートラ

2017年2月現在、プノンペン市内の五つ星ラグジュアリーホテルは3つあります。ラッフルズホテル、ソフィテルホテル、インターコンチネンタルホテルです。(2017年中旬には、ヴァタナックタワーの上層階に、ローズウッドがオープン予定)

 

この3つのホテルの中で、僕がいつもオススメしているのは、ラッフルズ、もしくはソフィテルです。正直に言ってしまうと、インターコンチは立地が良くないのです。ダムコー市場というカンボジア最大の野菜市場(めちゃ汚い)のすぐ目の前にあり、治安も決して良い場所とはいえません。また市内の中心部から少し離れており、主要な観光地へ行くのに時間がかかります。その点、ラッフルズとソフィテルは市内中心部に位置しているのでオススメできます。

 

ラッフルズホテルに関しては、以前のブログ記事でも紹介しました。1929年から続く、カンボジアで最も古い歴史あるホテルです。フレンチコロニアルスタイルの重厚感ある建物で、とても居心地がいい空間でした。また、サービスレベルも素晴らしいです。(安倍首相もカンボジア訪問の際はラッフルズに宿泊したそうで)

 

そして今回、ついにソフィテルに宿泊してきました。実は単純にホテルの宿泊料金だけで比較しますと、ラッフルズやインターコンチよりも、ソフィテルが最も高いのです。通常価格で一泊およそ25,000円〜30,000円くらいすると思います。ラッフルズよりも数千円高いです。(ちなみに、2015年にW杯の予選で日本代表がカンボジア代表との試合のためにプノンペンに来た際は、ソフィテルに宿泊したそうで)

 

 

|部屋

まずお部屋はこちら。眺め良好です。特別に斬新ではないですが、5つ星ホテルならではの安定感があります。清潔感があり、ベッドもふかふか。

 

 

 

|プール

大きなプールが中庭にあります。プールサイドにはバーもあり、ドリンクオーダー可能です。

 

 

|レストラン&バー

ホテル内のレストランは全部で4つあります。Hachiという和食レストラン、Do Forniというイタリアン、La Coupoleという一番大きなダイニング、そして本館を出たすぐのところにある別棟にFu Lu Zuという中華があります。さらにChocolatというカフェもあります。

 

バーは12階のClub Millesimeと、1階ロビー横のLe Bar、そしてプールサイドのAQUA。

 

今回は夕食はLa Coupoleにて。その後のバーは一階のLe Bar。翌日の朝食はルームサービス、からの昼食はFu Lu Zuで中華を楽しみました。

 

夕食は僕はカンボジア料理でお気に入りのフィッシュアモックを。味は普通でした(笑)。夕食後、Le Barで飲んだスパークリングワインは美味しかったし、バーの雰囲気も心地よかったです。朝食でオーダーしたエッグベネディクトとフレンチトーストも美味しかった。Fu Lu Zuのビジネスランチは15ドル程度ですが、好きなだけディムサムをオーダーできて満足度高いです。

 

 

 

|立地

プノンペンのソフィテルはイオンモールのすぐ横に位置しています。イオンモールなら歩いていけますし、ホテルにタクシーやトゥクトゥクが常駐しているので、メインの観光地へもストレスなくアクセス可能です。ラッフルズは市内の北側に位置している一方、ソフィテルは南側に位置しています。どちらかと言えば、個人的にはソフィテルの立地の方が便利だと思います。

 

 

|価格

ちなみに、気になる価格ですが、エクスペディアで調べると一泊24,000〜。僕みたいなexpats(外国人現地在住者)だと、オファーを依頼すれば少し安くなります。

 

そういえば、ホテルを予約する際に、どの方法が一番安くなるのかというテーマですが、僕は今までそのホテルの公式ウェブサイトで購入するのが一番安いと思っていたんですね。公式ウェブサイト、もしくは電話で予約。しかし、旅行代理店に勤めていた知人に聞いたところによると、どうやらエクスペディアが場合によってはホテルの公式ウェブサイトよりも安いそうです。というのも、エクスペディアはホテルや航空券のまとめ買い?的な手法でかなり安く仕入れているそうで、さらにそれらが売れ残った場合は安売りしているようなのです。

 

しかし一方で、ホテルや航空券というは生モノなので常に価格が変動するわけで、これが正解!というのはなかなかないと思います。ただの私見ですので、ご参考程度に。

 

 

 

以上、プノンペンのソフィテルホテルに泊まってきましたよ、というレポでした。^^

 

まだまだ発展途上な街、プノンペン。その喧騒の中、やはりホテルはストレスなく過ごせる場所がいいですよね。日中どれだけハイパフォーマンスを発揮できるかは、どれだけ良質な休息をとれたかに左右されるものです。2015年にサッカー日本代表がプノンペンに来た時に、ソフィテルに宿泊したのは、グッドチョイスだと思います。

 

そういう意味で、ソフィテルホテルはオススメです。アスリートに限らず、ハイパフォーマンスを発揮する必要のあるビジネスマン、そして旅行家にとっても。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください