「知られざるカンボジアの南の島々」ロン島のフルムーンパーティに行ってきた

こんにちは、

もたろーです。^^

 

ロン島へ行ってきました。

実は一年半ぶりです。

 

img_0463

 

さてこのロン島、まだまだ日本人には馴染みがないですが、すでに欧米人には大人気の島。

 

カンボジアの隣国であるタイには、パンガン島という毎晩お祭り騒ぎな南の島があり、特に満月の夜は「フルムーンパーティ」と呼ばれるパーティが行われ、そこにはかなりクレイジーな人々が集まっていました。
しかし、それは10年ほど前の話。現在、パンガン島は観光地化され、家族連れも訪れるほどになってしまいました。

 

img_0458

 

そして実は、このロン島。パンガン島の10年前と揶揄されているほどのパーティアイランドです。もちろん、満月の夜にはフルムーンパーティが行われています。

 

僕も今回は、このフルムーンパーティを目指してはるばるロン島までやってきました。

 

14352130_1248122925250228_4281547630239710922_o

 

しかしローシーズンのためか、観光客も少なく、せっかくの満月なのにも関わらず、パーティが行われる雰囲気はありません。観光案内所の人に聞いてみると、村人が知っているというので、村人に聞いてみたのですが、「わからない」と言われてしまいました。

 

夕食を食べるために、桟橋付近のレストランに入ると、そこにはフルムーンパーティのチラシが!スタッフに聞くと、通常はポリスビーチで行われるフルムーンパーティですが、今月と来月はこのレストランで行われる、とのことでした。(おそらく、参加者が少ないからでしょうね)

 

夜10時からスタートで、ショットを無料で飲み放題とのこと。深夜が一番盛り上がるだろうと思って、夜1時くらいに再度レストランに行くと、すでに閉店。(笑)

 

他のバーでは小規模ながらパーティが行われていましたが、噂に聞いていたほどのクレイジーさはありませんでした。

 

img_0444

 

曇り空の下の南の島は、なんとも言えない「暗さ」があります。世界中で南の島がブームになりつつある現在、ロン島ももれなくその発展にのまれようとしています。これからロン島がどうなるのか、それはまだ誰にもわかりません。ただ、すでに島を丸ごと開発する計画があるロン島において、その利権を持つ者が、島の未来に大きな影響を与えるのは間違いないでしょう。

 

ロン島の10年後は一体どうなってしまうのか。

 

現在のロン島は、これからの10年で世界中で進行する「南の島の二極化」のちょうど分かれ道に立っているように思えます。

 

行くなら、今のうち、かもしれませんね。

 

 

では

 

{ "product_id": "090C", "uuid": "B5D61852184209371AFDFAA2CE8A1A3E", "run_date": "2016-09-18T092319+0000", "filename": "Bebop_2_2016-09-18T092826+0000_B5D618.jpg", "media_date": "2016-09-18T092826+0000" }

img_0454

 

 

 

ドローン(Bebop2)も飛ばしてきましたよ〜!

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください