Oskar Bistro|やっぱり美味しいお店と、後悔するお店

こんにちは、

もたろーです。^^

 

先日、リバーサイドのOskar Bistroへ久々に行ってきました〜。

 

IMG_9215

IMG_9672

 

Cheese Trio というチーズの盛り合わせをオーダーしたのですが、やはり美味しかったですね〜。

 

このOskarというお店は一号店がバンコクにあり、このプノンペン店は二号店ということになります。

 

シェフは元キッチンコンサルタントで気さくなフランス人、バンコク側のシェフもタイの「アイアンシェフ」という料理番組で審査員として出演するフランス人シェフで、かなり「やり手」です。

 

https://www.facebook.com/OskarPhnomPenh/photos/a.1388788464782043.1073741828.1384495868544636/1388791161448440/?type=3&theater

 

 

料理とはどうあるべきか、ビストロとは何なのか、Oskarとは何なのか、そういった最も重要な部分を突き詰めて、さらにそのマインドをそれぞれのスタッフまで浸透させているところが素晴らしいと思います。

 

だからこそ、ここの料理はオープン当初からの変わらぬクオリティで提供されているのだと感じます。

 

 

 

 


 

 

さて、プノンペンにはありとあらゆる飲食店が進出しています。(撤退していくお店も多いですが)

 

プノンペン市内は国の首都としてはまだまだ未成熟で、経済規模としては「鳥取県の二分の一」とも揶揄されています。しかし、その都市の規模にしては、やたらと飲食店の数が多いのがこの街の特徴なのです。

 

そして僕がこの街に住み始めてから、もうすぐ二年。随時、このブログでも書いていますが、いろいろなお店へ食べに行きました。

 

DSC02183

 

そして最近、僕は一つわかったことがあります。

 

それは、飲食店には「ガイドブックにも載っていて有名だけど、本当はそれほど美味しくないお店」「ガイドブックには載っていないかもだけど、在住者に愛されている本当に美味しいお店」があることです。

 

これは、僕が実際にプノンペン市内のいろいろなレストランを食べ歩いて感じた率直な意見です。残念ながら、確かにあるのです「あれ、ここって結構有名なお店のはずなのに、あんまりおいしくない」というお店が。

 

IMG_7541

 

ぼくは自分が「美味しい!」と思ったお店はこのブログで書きますが、「残念!」と思ったお店はこのブログには書きません。それはぼくが読者の方々に持つ責任だと思うからです。また、「おいしくない」というネガティブなことを書くよりも、「美味しい」ということを書くほうが楽しいですからね。

 

IMG_8517

 

けれど、プノンペンへ初めてお越しの方には、ぶっちゃけわからないと思います。どのお店が美味しいのか、そして、ハズレはどこなのか。

 

そういう時は、ぼくにいつでも連絡くださいな。あなたの好み、気分、予算などに合わせて、プノンペンのオススメのお店をご紹介しますね。(ただ、返信率低めなので、期待しないでくださいね(笑))

 

 

 

良い旅は、良い食事から、だと思いますから。

 

 

では

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください