カンボジアの超人気カフェ”BROWN COFFEE”の新店舗がかっこいい!!

こんにちは、

もたろーです。^^

 

最近、忙しくてブログの更新が月に1回程度になっていました。笑

 

つい先週までバンコクにおりまして、プノンペンとの発展具合の差を見て、改めて感心してしまいました。バンコクで感じたことについては、また今度書きますね。

 


 

 

さあ、ということで、本題ですが、カンボジアの超人気カフェ「BROWN COFFEE」が市内に新店舗をオープンしました!!

 

ということで、早速行ってきました。BROWN COFFEE PREAH NORODOMに。

 

新店舗は、プノンペン市内を南北に伸びるメインストリートであるノロドムストリート沿いにあります。

 

IMG_8822

 

こちらがエントランス。壁面緑化的な感じです。

 

IMG_8823

 

中へ入ると、今までのBROWN COFFEEよりも一段階レベルアップした、洗練された上質な雰囲気を感じることができます。

 

FullSizeRender 3

 

今までのカジュアルかつスタイリッシュな雰囲気とは変わって、どこかの高級ホテルのカフェのようなインテリアです。

 

そして、注目なのが客席。

 

IMG_8838

 

なんと、店内の中央に大きな植物が植わっているのです!!!

 

 

IMG_9083

IMG_8825

 

これは、、、かっこいい!!!

 

もう、僕にとってドストライクなインテリアデザインです。笑

 

 

以前、スリランカのジェフリー・バワのホテルをレポした時も書きましたが、こういう自然と一体になったインテリアって、ぼく大好きなんです。

 

 

上はガラスになっていて、太陽の光が差し込むような形になっています。

 

IMG_8835

 

この自然を大きく取り入れたデザインは、今までのBROWN COFFEEの店舗デザインにはなかったものです。

 

今までのデザインはどちらかというと、お店の外側には木が植えられていましたが、店内に植物などが置いてあることは少なかったです。

 

今までのデザインはこんなでした。↓

 

9322a3b0364308419d19d57d1848316a

04da2ff71084f5fedc562cd3d9c895e8

 

とてもかっこいい店内デザインですが、自然はあまり見当たりませんね。

 

 

今回の新店舗のデザインが、ぼく個人的にはBROWN COFFEEの中でもベストですね。

 

IMG_9085

IMG_9087

IMG_9086

 

以前のブログでもBROWN COFFEEについては紹介しましたが、このカフェはカンボジア資本です。

 

BROWN COFFEE以外にも、FOX BISTROというダイニングバーと、GONG CHAという台湾のドリンク屋さんのフランチャイズをやっています。

 

 

そして、特筆すべきなのが、このBROWN COFFEE、FOX BISTRO、GONG CHA、これら全店舗のインテリアデザインは、実はすべて、一人のカンボジア人によってデザインされているのです。

 

FullSizeRender

 

そして、このBROWN COFFEEのインテリアデザインを見たら、誰しもが欧米人などの外国人がデザイナーとして経営に参画しているのではないか?と言うのですが、実はこれ、全てカンボジア人デザイナーの手によるもの。

 

IMG_8831

 

僕は直接お会いしたことはないですが、ある店舗のマネジャーから聞いた話によると、現在BROWN COFFEEの代表は3人いて、そのうちの1人がそのデザイナーなのだそう。

 

彼はオーストラリアに留学し、成績はクラスで常にトップ。BROWN COFFEEの店舗はプノンペン市内にすでに10店舗ほどありますが、それら全て彼が独自にデザインしたものだそうです。そのため、それぞれの店舗が異なったデザインで作られているのです。

 

 

そして、今回の自然を取り入れた新店舗デザイン。

 

IMG_8832

 

これは彼のインテリアデザインの中でも、全く新しいものだと言えます。

 


 

 

 

都市が発展するにつれ、人々は自然を求めます。

 

インターネットが普及するにつれ、人々はもっとリアルな感覚を求めます。

 

 

人々が求める新しい価値観を追求し、提案していくのが、これからのクリエイターのあり方だと思いますね。

 

 

 

いつかBROWN COFFEEのデザイナーにもお会いしてみたいです。

 

 

では。

 

IMG_8834

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください