カンボジア直行便、ついに実現!!!(ただし、その価格は…)

アジアアトランティックエアー
アジアアトランティックエアー

 

カンボジアを観光する際に、まず取らなければいけないのが航空券。

しかし、今まで日本とカンボジアでは直行便がなかったのです。。。

 

ホーチミンや、香港、上海、バンコクなどで乗り換えをしてからカンボジアへ。

そんなルートが一般的でした。

 

そのため、乗り換え時間も含めると、だいたい成田からプノンペンまでは10時間くらいかかりました。朝の9時に成田発で、夕方5時にプノンペン着。(時差2時間)

 

しかし、今回ついに日本とカンボジア間の直行便フライトが就航することとなりました!!!

 

航空会社はHISの小会社であるアジア・アトランティック・エアラインズ(AAA)。

 

成田〜プノンペン間は9月2日から。

火曜日、木曜日、日曜日の週3便。

 

成田〜シュムリアップ間は10月から。

月曜日、水曜日、金曜日、日曜日の週4便。

 

座席クラスは、エコノミー、プレミアムエコノミー、ビジネスクラスの3つ。

 

 

ただ、問題なのは価格…。

 

往復チケットは、エコノミーで$1,100ほど、ビジネスで$2,240くらいだそう。

(安いとはいえないですね〜。てか高すぎ!)

 

というのも、もともとプノンペン〜シュムリアップ間の飛行機はカンボジア・アンコール空港という政府系の航空会社が路線を独占していました。

 

そこへなんとか切り込もうとしたのが日本のHIS。HISの社長さんはカンボジア政府系の方々と交渉するとき「ぜったいに価格競争にならないこと」を強調し、これがお互いのサービス向上のために必要であることを訴え、HISの小会社であるAAAのカンボジアへの参入を可能にしました。

 

そのため、かなり価格設定が高くなっているのです。

(もちろんサービスレベルもかなり高いと思われますが)

 

 

これだと、この便を利用するのは、比較的お金に余裕のある高齢者の方がメインになるのではないかと思われます。

 

「乗り換えは大変だから、すこしお金を多めにはらって直行でいきたいわ」

みたいな方。

 

なので、バックパッカーや若者などはまだまだ安い乗り換え便を今後も利用するのではないかと思います。

 

 

 

いずれにせよ、先月末にイオンもプノンペンにオープンしましたし、今後ますます日本人のカンボジアへの「移動」が活発になっていくことでしょう。

 

【参考記事】

Direct flights to Japan coming|The Phnom Penh Post

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください