カンボジアで自然を感じるホテル『フランジパニ ファイン アーツ ホテル』

カンボジアの首都プノンペンの街はきたなく、ゴミがちらかり、クラクションの音がつねに鳴り響きます。そして、圧倒的に、市内に自然を感じれる場所がすくないです。ちょっとした公園すらほとんどありません。

 

自然好きな人にとってはすこしツラい、そんな街プノンペン。ですが、そのなかにも自然を感じれるホテルがありました。

 

今回、ぼくが宿泊したのは「フランジパニ ファイン アーツ ホテル」です。

 

Frangipani Fine Arts Hotel
Frangipani Fine Arts Hotel

 

ぼくは今回、このホテルに3泊させてもらいました。

 

なんといっても、このホテルのいいところは、ちょっとした中庭があるところです。そこの池には魚が泳ぎ、多様な植物が植えられ、それらを眺めながら朝食をとったり、晩酌をしたりできる。そういった自然を感じられるこだわりがホテルのデザインに表れているところが僕がこのホテルを気に入った理由です。

 

中庭
中庭

 

壁際にも植物
壁際にも植物

 

もちろん、ホテルの部屋もとてもきれいでよかったです。

 

部屋
部屋

 

こういったデザインにこだわりがでているホテルを、こちらではブティックホテルと呼びます。日本ではデザイナーズホテルという呼称が一般的ですね。

 

デザイナーズホテルとは、ホテルの建築デザインやインテリアデザインが著しく優れているホテルを指す。「デザインホテル」とも言う。ホテルが利用者に提供するホスピタリティーの一環として、建築やインテリアのデザインにより質の高いホテルの内部空間や宿泊環境を提供することを主な目的としてつくられるものである。また、ホテルごとに設定されたデザインコンセプトやテーマに沿ってデザインすることにより、個性的なホテルの創出、他のホテルとの差別化、優雅な空間の演出など、ホテルに関わるマーケティング戦略にも寄与している。

 

デザインがいいホテルは好きですが、やっぱりその中でも自然をうまく取り入れているホテルは大好きですね。(^_^)

 

池のそばで
池のそばで

 

植物がたくさんあるだけで、とても心が落ちつきます。 ふだん、プノンペンで生活していると、どうしても街のきたなさや、クラクションの音に嫌気がさしますが、こんなホテルで息抜きができることは最高です。

 

食事スペース
食事スペース

 

朝食は無料でついているのですが、これがまたフルーツたくさんで美味しい。 スイカ、モンキーバナナ、ハニーパイナップル、パパイヤなどなど!

 

朝からエネルギーがしっかりとチャージされます。

 

朝食
朝食スペース

 

都会の喧騒からすこし距離をおきたい方は、長距離バスで郊外へ行くのもいいですが、こういった自然を感じれるホテルでのんびりするのもいいかもしれません。

 

ではでは

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください