【意外!?】南の島でノンビリするには、ぶっちゃけいくらかかるのか?

こんにちは!

もたろーです。^^

 

きっと、このブログを読んでくれている多くの方が疑問に感じるであろう、テーマについて今日はぶっちゃけようと思います。

 

先日、僕はカンボジアの南の島であるロンサレム島にいってノンビ〜リとリラックスしてきたわけです。

 

一泊だけでしたけど、電波も届かない南の島で過ごす時間は、僕にとってとても気持ちい〜〜い時間でした。(こういった心身のリカバリーは誰にでもきっと必要だと感じましたね、とくに都会で生活する人にとっては)

 

DSC01157

 

 

では、おそらく多くの日本人の方が夢リストに書くであろう「南の島でノンビリする」という行為には、ぶっちゃけいくらお金がかかるのでしょうか???

 

 

DSC01136

 

きっと多くの人は、「何十万もするんでしょ!?」とか考えているんでしょうけど、実はそうでもないんですね。笑

 

ということで今日は、これをテーマに今回の僕の旅の支出を公開しようと思います。

 

DSC01178

 

 

南の島にいくためのコストはいくら!?

 

さて、今回僕は、カンボジアの首都プノンペンからバスを使って、ビーチリゾートであるシアヌークビルへ行きました。およそ5時間のバス移動でした。

 

 

その後、シアヌークビルで一泊し、翌朝に高速フェリーでロンサレム島へ。このフェリーが1時間くらいでした。

 

なので、移動工程は以下の通り。

 

プノンペン

↓(バス)

シアヌークビル

↓(フェリー)

ロンサレム島

 

 

まず、僕がプノンペンから乗車したバスの値段、こちらが片道6ドルでした。この路線のバスは時期によっても値段が変わるのですが、だいたい5〜10ドル前後だと思われます。

 

 

そして、まずシアヌークビルで一泊。

 

今回泊まったシアヌークビルの宿は、Malibu Bangalowという若干ワイルドな宿。こちらが一泊44ドル。(ただ、airbnbのクーポンを使ったので無料)

 

Sokha BeachのMalibu Bungalows

カンボジア・Sokha BeachのB & B。 Intimate Cambodian-Style seaside guesthouse with its small beach. Bungalows are wooden with satellite TV, fan, hot water, free wifi. Restaurant with seaview over Sihanoukville Bay. Sokha Beachで全物件を見る


そして翌朝に高速フェリーに乗っていざ、ロンサレムへ。こちらの高速フェリーの価格が往復20ドル

 

 

DSC01108

 

そして、1時間ほどでロンサレム島に上陸。

 

DSC01113

 

 

今回、ロンサレム島で泊まったバンガローが、Natural Isand Bangalow。こちらのバンガローが一泊50ドルでした。

 

DSC01133

 

シャワー付き(かなりチョロチョロしか出ない&温水でない)です。併設のレストランは、メニューに載っているものの70%が、「材料がない」と言われてオーダーを拒否されてしまう、なんとも不思議なレストランです。

 

さすが南の島ですね!笑

 

 

 

そして翌朝、往路のチケットを使ってフェリーにてシアヌークビルへ帰着。

 

プノンペン行きのバスチケットを購入し、いざプノンペンへ!このチケットが、5ドル

 

 

以上!!!!!( ゚Д゚)

 

 

 

 

はい、ここまで書いたのが、今回のプノンペン〜ロンサレム島往復トリップの移動費&宿泊費です。結果は以下の通り。

 

合計 125ドル 

 

安い!

 

南の島に行くのに、日本円にして1万円くらいじゃないですか。

 

 

今回はけっこうマトモな宿に泊まったので、かなり宿泊費が増えましたが、もっと安いところ(1泊10ドル前後)に泊まれば、おそらくこの半分の価格(60ドルくらい)で旅できると思いますよ。これに食費を加えても、100ドルくらいですね。

 

そうなんです。南の島なんて、すぐ行けちゃうんです。億万長者にならなくても、さっさと行けるんです。夢リストに書くまでもなく、今すぐ行けちゃいます。

 

 

もしあなたが日本にご在住であれば、プノンペンの往復チケット代は5万円くらいなので、日本からロンサレムにいってノンビリしたいな〜と思ったら、おそらく7万円あれば行けます。もし金銭的に余裕があって、10万円くらいあったら、けっこう優雅な旅ができます。

 

 

さあ、こんなブログ読んでいる暇があったら、南の島へいってココナッツ飲みながらダラダラしましょう!

 

 

ロンサレム島へ行くなら、観光地化が進んでいない今のうちですよ!

 

 

では!

 

DSC01240

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください