カンボジア旅行のベストシーズンはいつ??

こんにちは!もたろーです。

 

観光業が国のGDPの15%もあると言われるカンボジア。世界遺産にも登録されているアンコールワットがあるシュムリアップ周辺に限れば、観光GDPの割合は30%にもなります。それほど観光業が発展しているカンボジア。

 

「じゃあ、そもそもいつ観光するのがベストなの?」

 

そんな疑問にお答えするために、カンボジアの観光ベストシーズンについてお話したいと思います。

 

カンボジアの季節

 

まず、第一に考えるべきなのは、季節です。日本は春、夏、秋、冬の4つの季節がありますが、カンボジアには夏しかありません。一年中、夏でございます。気温を表現する言葉は「あつい」「くそあつい」「死ぬほどあつい」の3つくらいですね。

 

しかし、カンボジアの季節をもっと正確に考えるには「春夏秋冬」で考えるのではなく、「雨季」と「乾季」で考えるべきでしょう。カンボジアの一年にはスコールの降る雨季と、スコールの降らない乾季があります。だいたい11月から4月までが乾季で、5月から10月までが雨季です。

 

乾季は、前半は涼しくて心地よい季節ですが、後半は凄まじく暑いです。特に乾季のおわりになる4月ごろになると、もう外を歩くことが不可能なくらいに暑くなります。日本で10分ほど徒歩で歩くと言ったら、別に難なく出来るとおもうのですが、カンボジアの4月に外を10分歩けと言われたら、おそらく5分くらいで脱水症状になると思います。それくらい暑いです。また、日差しもとても強いので、外を出歩く際はサングラスをかけたほうがいいですね。

 

一方で雨季は、雨季といっても日本の梅雨のようにジトジトした雨がずーっと降るのではなく、夕方ごろにスコールがどばーっと1時間くらい降るだけです。スコールのあとはスッキリと晴れて、燃えるような美しい夕日を見ることができます。

 

ただ、スコールがひどい時は、街の道路は川になります。。。笑

 

雨季と乾季はどっちがいいのか?

 

では、雨季と乾季、どちらが観光のシーズンに最適なのでしょうか?

 

一般的にカンボジアの旅行ハイシーズンと言われるのは、乾季です。乾季の中でも、最も気温が涼しい12月〜2月前半くらいがハイシーズンで、旅行客も多いです。世界遺産であるアンコールワットの観光も、気温が涼しいこの季節に訪れるのがベストだと思います。

 

しかし、乾季は雨がほとんど降らないので、全体的にとても乾燥しています。雨が降らないので、緑もあまり美しくなく、砂埃などが多いかもしれません。美しい緑を一緒に楽しみたいのであれば、雨季がいいかもしれませんね!

 

ベストシーズンは訪れる場所によっても違いまして、もしカンボジアのロン島やロンサレム島といった南の島々を訪れるのであれば、乾季がいいですね。やはり雨季だと、ビーチタウンであるシアヌークビルの方も曇りがちになり、せっかくの南の島が天気のせいで魅力半減です。カラッと晴れた気候の南の島は、まさに楽園です。

 

 

IMG_1947

 

カンボジアを訪れるべきではないシーズン

 

では、逆にカンボジア旅行に向かない季節はいつでしょうか?

 

それは先ほども言いましたように、地獄のような暑さになってくる乾季の終盤、つまり4月前後、そして雨季のスコールが激しくなる9〜10月でしょうか。このシーズンはあまりカンボジアでの旅行には向かないと思います。向かないというか、体力的にハードだと思います。

 

カンボジアを旅行予定の方は、訪れる時期をしっかり考えてくださいね。

 


 

以上、カンボジア旅行のベストシーズンについてでした!

 

プノンペンの観光ブックも出版しましたので、これからカンボジアを訪れる方は、参考に読んでみてはいかがでしょうか?一般的な書籍の観光本では載っていないような、在住者だからこそ書ける内容になっております。

2 Replies to “カンボジア旅行のベストシーズンはいつ??”

  1. 6月の後半はどんなかんじですか??

    1. 6月後半は雨季ですね〜。雨季といいましても、夕方に1〜2時間のスコールが降るだけで、日中は晴れていることが多いです。カンポット産のドリアンがおいしい季節ですよ。^^

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください