え、カンボジアのシアヌークビルってめっちゃイイ感じのビーチじゃないかっ!

こんにちは!

もたろーです。^^

写真 1

 

 

さてさて、先日のカンボジアのお盆休みは「プノンペン⇒キリロム国立公園⇒シアヌークビル⇒プノンペン」と旅してきました。

 

(キリロム国立公園キャンプのレポ記事はこちら

 

今日はシアヌークビルのことについて書こうと思います。

 

ビクトリービーチからの夕焼け

 

実は、僕がシアヌークビルを訪れるのは今回で2度目。

今年(2014年)の4月のクメール正月の連休に訪れたのが1度目でした。

写真 3

 

その時は、シアヌークビルで最も賑わっているオーチュールビーチというビーチの近くの宿に泊まったため、ものすごい人の数、夜中も花火の騒音、ビーチにちらかりまくったゴミ、などなどを目の当たりにし「シアヌークビルって人おおすぎやん!うるさい!ゴミだらけ!」っていうイメージになりました。笑

 

(そこからボートで行った島はかなり静かでいい場所だったんですけどね)

 

で、今回そのイメージを持っていたのでどこかの島までボートに乗って喧噪から逃げようと思っていました。

 

しかし!!!

 

今回ぼくが滞在したのはシアヌークビルのビクトリービーチというビーチのちかくのホテル。

 写真 1 (1)

ここは人も少なく(飲食店もすくない)、かなり静かで(ちょっとさびれている感)、とてもノンビリできる場所でした。

 写真 2 (1)

また、このビクトリービーチはちょうど西側に面しているため、夕暮れ時にはとても美しい夕焼けを見ることができるのです。

夕暮れ時に浜辺を散歩すると、風も涼しくてとてもいい気持ちです。

写真 3 (1)

写真 5 (1)

 

写真 1

 

 

 既成イメージを壊す

 

いま、ボクたちっていろいろな情報に触れるじゃないですか。

テレビやネットなどなど。

 

で、旅に行く前とかに情報収集とかしますよね。そして「この場所はこんなだな~」という勝手な「イメージ」を作りますよね。

 

これを「壊していくこと」が、大切だと僕は思うのです。

 

写真 1 (2)

 

自分がこうだ!と思っていても、実際にその場所を訪れることによって感じることが全く違うというのはよくあります。むしろそうやって自分の思い込みを捨てて、どんどん自分の世界観を広げていくこと、その場所に対するイメージにとらわれず、その場所を自分で直接目にしてみることが、大切だと思うのです。

 

写真 3 (2)

 

僕はシアヌークビルを訪れる前は「カンボジアのいい感じなビーチリゾート」というよくわからない漠然としたイメージをもっていました。また、前回はじめて訪れたときは「シアヌークビルは人がおおくてうるさくてゴミだらけの場所」というイメージを持ちました。

 

しかし、また今回そのイメージは覆されました。、

 

世界はそんな簡単に決めつけられるほど一面的ではないのです。

 

写真 4

 

日本人に必要なこと

 

きっと、カンボジアのことを「貧困」「ボランティア」「アンコールワット」というイメージで固めてしまっている人も多いかと思います。

 

ただ、日本が「サムライ」「寿司」「京都」だけではないことと同じように、カンボジアにはもっと様々な顔があり、多様な場所があり、日本人が知らないたくさんの魅力があるのです。

 

ものごとを決めつけないこと。

自分で見てみること。

 

それこそ、引きこもりがちな日本人にとって必要なことかな~と思います。

 

また、僕自身もまだまだカンボジアを知りきれていないので、これからも時間をかけて味わっていこうと思います。

カンボジアに限らず、世界にはもっと美しい場所、楽しいこと、素晴らしい人々がいるのかと思うととてもワクワクします。

 

 

旅をすることの意味

 

旅をすることの最大の利点は「日常と距離を置くこと」にあると思います。

 写真 2

日常から離れること、それは言い換えれば、普段の自分自身とも距離を置くことであり、それは自分自身を俯瞰して見つめることにつながります。

 

それを通して日常を変化させていくこと、自分自身も変化させていくことができる人が、これから活躍しつづけていく人なのかなあと思います。

 

写真 4

旅の中で楽しむものとは、観光地よりも「自分自身」なのだと思います。

 

それが、これからの旅のスタイルになるのではないでしょうか。

写真 5

One Reply to “え、カンボジアのシアヌークビルってめっちゃイイ感じのビーチじゃないかっ!”

  1. […] ・え、カンボジアのシハヌークビルって、めっちゃイイ感じのビーチじゃないかっ! […]

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください