クラウドファンディング開始!カンボジアの「貧困・汚い・危険」イメージを覆す、今までにない観光本を作りたい!

こんにちは。もたろーです。

 

さて、この度、人生発のクラウドファンディングに挑戦することにしました。テーマは『カンボジアの「貧困・汚い・危険」イメージを覆す、今までにない観光本を作りたい!』です。クラウドファンディングのページは、こちら(https://camp-fire.jp/projects/view/70423)です。

 

 

序文はこんな感じで書いております。

美しい自然が残された南の島々、その土地の自然や文化を尊重したサステナブルなリゾート、首都プノンペンのセンスあるカフェやバー。1970年代の内戦で全てを失い、未だに「貧困・治安悪い・バックパッカー」等の言葉でしか語られなかったこの国のイメージを覆すために、カンボジアの「今」を伝える観光ブックを制作!


 

そもそも、僕がカンボジアに来たのは、4年前。カンボジアのことは、何も知りませんでした。なんとなく、貧しい人々がいて、学校建設ボランティアやってる、くらいの曖昧な印象だけ。正直に言えば、世界遺産の「アンコールワット」がカンボジアという国にある、ということすら知りませんでした。

 

 

日本に住んでいると「カンボジア」という国に関して聞こえてくるのは「内戦」「貧困」「地雷」といったネガティブな言葉ばかり。観光といえば「アンコールワットだけ」なイメージ。

 

 

しかし実は、今のカンボジアはとてもとても面白いのです。美しい自然が残された南の島々。その土地の自然や文化を尊重したサステナブルなリゾート。首都プノンペンにある、センス良いカフェやバー。たくさんの素晴らしいモノが生まれつつあります。

 

 

そんなカンボジアの知られざる魅力を伝えるために、本を作ることにしました。内戦や貧困といった言葉でしか語られることのなかったカンボジアの「今」を、知られざる魅力を、日本へ伝えるためです。

 

 

実は、リターン設定にはかなりこだわりまして、カンボジアの現地の会社で、素晴らしいモノを作っている会社の製品を、今回のクラウドファンディングで日本の方々へお届けできるようにしました。僕が自ら代表の方に交渉し、今回のクラファンでの販売許可も正式に頂きました。SAMAIのカンボジア産ラム酒、Alchemy Designの木製スピーカー、Atelier Kampotの高品質コショウなどなど、詳しくはクラウドファンディングのページ(https://camp-fire.jp/projects/view/70423)をご確認ください。

 

 


 

あっという間の4年間でした。

 

ここで自分に一体何ができるのか。2014年にカンボジアに移住してから、僕はずっと考えていたように思います。

 

色々とチャレンジしてきましたが、うまくいくことなんて、滅多にありませんでした。むしろ振り返ると、失敗と苦しみの方が多かったように思います。

 

しかし言い換えれば、カンボジアだからこそ、こんなにも多くのことにチャレンジしてこれたのだと思います。日本はある意味、発展し尽くして、完成されてしまっていて、大企業が力を持っていて、まだまだ僕みたいな若者が個人で自由に挑戦しやすい場所ではないのかなと感じます。

 

こうやってまた、チャレンジし続けることができるこの国は、いい場所だなと感じます。自分のすべきことがあるというのは、ほんとうに幸せなことだと思います。

 

この出版プロジェクトが、日本とカンボジアを繋ぐ「小さな橋」になることができれば嬉しいです。

 

どうぞ、ご支援のほど、よろしくお願い致します。

 

永田悠馬(もたろー)

 

■カンボジアの「貧困・汚い・危険」イメージを覆す、今までにない観光本を作りたい!

https://camp-fire.jp/projects/view/70423

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください