旅行先でも忙しそうにしているのは、日本人だけ。旅先で何もしない、という選択肢はどうですか?

「最近、どうですか?」

 

僕はシェムリアップのとあるリゾートホテルの支配人(インドネシア人)に挨拶がわりに質問してみた。

 

「そうだね。この第一四半期は、まあまあ良かったね。日本の領事事務所もこないだシェムリアップにオープンしたから、領事事務所で働いている人がよく遊びに来てくれるよ。まだ大使は来てくれていないけどね。ははは」

 

僕自身もこのリゾートには以前宿泊したことがあり、また現在は仕事上でも付き合っている仲なので、彼とはいつもこういった近況報告的なことを挨拶代わりに話している。

 

「そうですか!それはいいですね。やっぱり、日本人の旅行客も多いですか?こういう自然がたくさんあるリゾートは、きっと日本人も好きでしょう?」

 

ここの自然溢れる広々とした空間が好きで、僕はシェムリアップに来るときは宿泊はせずとも、ランチを食べに来たりコーヒーを飲みに来たりしている。

 

「実は、うちは日本人のお客さんは少ないんだよね。欧米からの人がほとんどだね。なんだろうね、まあこれは僕の予想だけど、日本人の多くの人はきっと、なんというか、うちみたいなオープンエアーな空間ではなくて、ちゃんとした大きな建物があるホテルが好きなんじゃないかな。想像だけど・・・。あとは、日本人はショッピングが好きだよね。だからうちみたいなちょっと町から離れた場所ではなくて、町の中心地に近いところが好きなんじゃないかな?」

 

 

今回、彼との会話の中で気づいたのは、まだまだ日本人の旅行スタイルというのは、街の中心に近いホテルに宿泊して、有名な観光地を巡って、ショッピングを楽しんで、みたいな流れがメジャーだということです。つまり、こういうちょっと街から離れた静かなリゾートで、ただただノンビリして過ごす、という楽しみ方は、多くの日本人にとっては一般的ではありません。

 

一方、欧米人は休暇でカンボジアを訪れると、こういう静かなリゾートで、何をするわけでもなくただリラックスして過ごす、という人が多いです。リラックスして過ごすと言っても、大抵、プールサイドで本を読んで、本に飽きたらプールで泳いで、疲れたらビールでも飲んで、プールサイドで昼寝して、みたいな感じです。こういう休暇の過ごし方をする欧米人から見ると、日本人はせわしない、というか旅行なのにそんなに急いでどうするの?ショッピングなんて日本でできるじゃないか。という風に感じるみたいですね。

 

まあ、どちらが良いかという問題は別にして、この日本人と欧米人の旅行スタイルの違いは、休暇期間の長さの違いが大きく影響していると僕は考えます。日本人の多くの方は、頑張って連休が取れても5日間とかでしょうか?飛行機での移動も含めると、現地で自由に行動できるのはせいぜい3日でしょうか?これだと、アンコールワットを回るので精一杯ですね。一方、欧米人は大抵1ヶ月程度の長期休暇(バケーション)を毎年取得します。

 

たとえ休暇が3日程度だとしても、ひたすら何もしないで、素晴らしいリゾートでノンビリする、という旅行はいかがでしょうか?日常から離れ、ゆっくりと身体を休め、心も身体もリフレッシュし、日々の慌ただしさから離れてじっくり物事を考える時間を持つのも、たまには良いと思います。

 

3 Replies to “旅行先でも忙しそうにしているのは、日本人だけ。旅先で何もしない、という選択肢はどうですか?”

  1. はじめまして。
    カンボジア旅行を予定している東京在住の者です。
    今シェムリアップ とプノンペンの素敵な場所をリサーチ中で、こちらのブログを見つけました。
    とても素敵な雰囲気のホテルですね。
    差し支えなければホテルの名前を教えて頂けますか?

    1. Templationというホテルです!

  2. 教えて下さり有難うございます。
    本日Amazonの方で本を購入させて頂きました。
    参考にさせて頂きますね!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください