プノンペンからアンコールワットへの行き方

こんにちは、もたろーです。^^

 

さて、カンボジアの観光といえば、やっぱり世界遺産アンコールワット。このブログでは、カンボジアの知られざる魅力を多くお伝えしてきましたが、やはりアンコールワットを見ずしてカンボジアは語れません。トリップアドバイザーの調査でアンコールワットは、日本人に人気の観光地として世界でも1〜2を争うほどの人気観光スポットです。

 

 

そんなアンコールワットが位置するのは、シェムリアップという街です。人口は20万人ほどの小さな街なのですが、ここは世界中から観光客が訪れる観光都市なのです。その数は年々増えており、2017年現在は年間500万人ほどの観光客がシェムリアップを訪れています。

 

さて、実は2016年9月から成田とカンボジアの首都プノンペンを結ぶ直行便が就航したのですが、実は首都プノンペンからアンコールワットのあるシェムリアップまでは、意外と距離があるのです。その距離はおよそ320km。

 

 

では、首都プノンペンからアンコールワットのあるシェムリアップまでの行き方をいくつかご紹介します。

 

1)飛行機

飛行機で移動するのが、最も早く、かつラクです。プノンペン国際空港からシェムリアップ空港まで、国内線を使っておよそ30〜40分ほどの飛行時間。あっという間に到着です。

 

2017年現在、プノンペンとシェムリアップ間を運行している航空会社は3社。アンコールエアーバッサカエアーバイヨンエアーJCエアーです。金額で比較すれば、バッサカエアーが最も安くて、一番安い時期でおよそ片道20~30ドル程度です。ただその分、機体がボロボロなので(笑)、もっと快適で安心な空の旅をご希望の方は、アンコールエアーがオススメです。値段はバッサカエアーの2倍くらいしますが。

 

 

 

2)バス

時間がかかってもいいから、できるだけ安く移動したい!というバックパッカー精神あふれる方には、バスがオススメです。プノンペンからシェムリアップまでの走行時間はおよそ5〜6時間。途中に休憩を何度か挟みます。

 

料金はバス会社によってまちまちなのですが、およそ片道5〜10ドルです。ですがその分、かなりボロボロのバスなので(笑)、バスだけどできるだけ快適な移動をしたい方は、Giant Ibis社がオススメです。

 

シェムリアップに到着したら、トゥクトゥクで宿まで移動しましょう。

 

GIANT IBIS BUS

photo by Michael Coghlan

 

3)レンタカー

さて、飛行機とバス以外にも、レンタカーを借りてドライブするという手もあります。運転手つきのレンタカーもあったりしますので、いろいろと比較してみるといいでしょう。バスよりも早く走れるので、走行時間はおよそ4〜5時間。道がすいていれば、4時間弱で到着します。

 

オススメのレンタカー会社は、Lyna Car Rentalです。一番安い車種で、1日あたりおよそ35ドルです。ただし車を借りる時に、デポジット金として500ドルを支払う必要があるので、気をつけて下さい。

 

旅の醍醐味は実は移動時間にあるかもしれない、と僕は個人的に思っていまして、レンタカーを借りて友人とのんびりドライブしながら語り合う時間がとても好きです。道中、思いもかけない美しい景色を見つけることができるかもしれないですしね!

 

 

 

以上、プノンペンからアンコールワットのあるシェムリアップまでの移動手段についてでした。

 

良い旅を!

 

 

余談ですが、シェムリアップで僕が実際に宿泊したことのある個人的おすすめホテルは、シンタマニルメリディアンテンプレーションです。どこもカンボジアらしい、素敵なホテルですよ。参考まで。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください