カンボジア社会起業家スタディツアー|世界のソーシャルビジネス最前線を知る

カンボジア社会起業家スタディツアー

世界のソーシャルビジネス最前線を知る

 

こんにちは。ぼくの友人が、カンボジアで「社会起業家スタディツアー」という珍しいツアーを考えているようで、本ブログでも紹介させていただきます。^^

 

  • 社会起業に興味がある
  • カンボジアがとにかく好き
  • カンボジアの社会起業家に会いたい
  • エシカルファッションについて知りたい
  • 森林伐採の問題に関心がある
  • 途上国のビジネスのリアルな現場を知りたい
  • 社会起業を成功させるための秘訣を知りたい
  • ビジネスを手段に社会問題を解決したい
  • 欧米人の起業家に話を聞きたい
  • カンボジアの現状を、自分の目で見たい

そんな方は是非!!!

 

なぜ、カンボジア!?

では、そもそも「なぜカンボジアで社会起業なのか?」というところから説明します。カンボジアというのは、1970年代の内戦によって、大量の一般市民が虐殺された悲しい歴史を持つ国であります。当時は特に、知識層が多く殺されてしまい、その後のカンボジアの発展に大きな負の影響をもたらしました。

 

 

近年、カンボジアは経済成長まっただ中。国全体のGDP成長率は年間7%を超え、ぼくが住む首都プノンペンはものすごい勢いで発展・拡大しています。2014年にはイオンモールがオープンし、街中にはおしゃれなカフェやレストランが増えてきました。以前は数えるほどしかなかった高層ビルも、この1〜2年でかなり増えてきました。

 

しかしその発展の一方で、経済格差が広がっているのも事実です。土地を持っている人々や役人は富裕層となって豪勢な生活を楽しむ一方、貧困層の人々はまともな教育も受けられず、貧困から抜け出すことができない状況にあります。お金持ちがビルの屋上で何万円も使いながらパーティを楽しむ傍ら、一般市民は一食150円の食事を屋台で食べています。日本では全てが均質化されてしまっていますが、ここカンボジアでは、あらゆる「格差」を直視せざるを得ません。カンボジアは国家として大きく経済成長すると同時に、「格差」「人権」「環境問題」といった多くの社会的課題にも直面しているのです。

 

 

 

カンボジア初のエシカルなファッションとは!?

そんな多くの問題を抱えるカンボジアの最前線で、問題に対してひたむきに取り組む人々がいます。まず一人目は、カンボジアで初のエシカルファッションブランドtonleを立ち上げたレイチェル氏です。

 

Photo from OH SO LONDON

 

tonleは全ての材料を布切れからリサイクルして作る「廃棄物ゼロ」を掲げるファッションブランドです。工場労働者への過酷な労働環境や人権侵害が世界的に問題視されるファッション業界ですが、tonleは全ての従業員に対して公正な給料を与え、かつ服の製造段階において環境に負荷を与えないことをモットーとしています。

 

Photo from tonle

 

8年前にたった4人だけの従業員からスタートした彼女のビジネスは、現在カンボジア国内で3店舗のショップを構え、従業員は50名を超えています。さらにtonleの服はオンラインでも販売されており、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアなど世界中の人々へと届けられています。

 

Photo from tonle

 

I’ve always believed that sustainability and social issues go hand in hand. Climate change is social issue, because the planet doesn’t care if it gets warmer, we do. If garment factories pollute the waterways around people’s homes and there is no longer clean water to drink, it is a social issue. So, it’s important to me to uphold a strong environmental commitment as much as a social one.

– Rachel Faller

 

今回のスタディツアーでは、レイチェル氏の講演会を組み込んでおり、カンボジアにてエシカルファッションブランドを立ち上げた彼女の経験や教訓を学ぶことができます。

 

 

 

カンボジアの森林伐採に立ち向かう家具屋とは!?

さて、次に紹介するのは、カンボジアで木を伐採せずにオシャレな木製家具を作るAlchemy Design Co.です。Alchemy Design Co.はカンボジアで深刻化する森林伐採に警鐘を鳴らすため、廃材となった木材のみを使ってハイセンスな家具を製造する環境負荷ゼロの家具メーカーです。創立者の一人が、カナダ出身のジョナサン氏。

 

Photo from Alchemy Design Co.

 

もともとは家の庭で、友人といっしょに趣味として始めた家具作りが、現在では20名を超えるスタッフが工房で働き、多くのスタイリッシュなデザインの家具をカンボジア国内の飲食店やオフィスなどに納入しています。

 

Photo from Alchemy Design Co.

 

全ての家具の原材料は、使われなくなった古木を自分たちで選別し、加工して使っている。デザインはできるだけ余分なものはそぎ落としたシンプルで美しいデザイン。最終的な仕上げや耐久性のテストも抜かりなく行い、カンボジアで最も高品質でデザイン性の高い木製家具を作り上げています。

 

Photo from Alchemy Design Co.

 

カンボジアの森林伐採は年々深刻になっており、中国企業による大規模伐採や、民間人による違法伐採などもよくニュースに取り上げられています。カンボジアの森林減少率は途上国の中でも特に高く、世界中の環境系NGOが警告を出している状況です。そんな現状に対し、Alchemy Designは「高品質な家具を廃材から作る」という手段で環境問題に警鐘を鳴らしているのです。

 

Photo from Alchemy Design Co.

 

We want to make great products. We want to be a business that cares about people and that cares about the planet. That’s a big part of how we perceive the reclaimed wood idea because yes it looks beautiful but it also helps to articulate something in a context that values new money and new things; and the idea that we take something that you think is garbage but turn it into something beautiful.”

– Alchemy Design Co.

 

今回のスタディツアーでは、Alchemy Designの経験や、環境問題の現実といった貴重な話をジョナサン氏から実際に聞くことができます。

 

 

 

ツアー詳細

今回のスタディーツアーの詳細は下記の通りです。

 

カンボジア社会起業家スタディーツアー
【概要】
日程:2017年2月3日〜2月8日(2/8の朝6:30amに成田着便)
料金
A) 航空券込み:130,000~140,000円(税込)
B) 航空券なし:60,000円(税込)
【応募締切】
A) 航空券込みプラン:12月22日(木)まで
B) 航空券なしプラン:12月31日(土)まで
【諸注意・お願い事項】
・航空券込みの価格は、参加者合計人数によって13~14万円の間で変動することがございます
・料金は2人部屋の料金です。1人部屋希望の場合は20,000円追加となります
・航空券をご自身で予約していただくプランの場合、スケジュールの関係上、往路は2/3の成田発の便を予約していただく必要があります。復路は自由です
・スケジュール、訪問先は現在調整中で、変更の可能性がございます
・ご家族、お子様、ご友人と一緒に参加でも問題ございません
【スケジュール】
2月3日 (金) vKirirom Pine Resort宿泊
10:50 成田発
15:10 プノンペン着
15:30~18:00 バス移動(プノンペン空港〜vKiriromパインリゾート)
19:00~21:00 夕食
21:30~ カンボジアローカル飲み会(希望者のみ)

 

2月4日(土)vKirirom Pine Resort宿泊
7:00~8:00 早朝バードウォッチング(希望者のみ)
7:00~9:00 朝食ビュッフェ
9:00~12:00 vKiriromパインリゾート事業視察(大学、不動産、リゾート複合施設。A2Aカンボジア代表・キリロム工科大学学長猪塚武氏による講演)
12:00~13:00 ランチ
14:00~17:00 オプショナルツアー(①国立公園観光ツアー ②地元の村観光 ③滝ツアー ④トレッキングツアー からお好きな行程で)
19:00~21:00 夕食(カンボジア人大学生との交流&クメールダンス体験)

 

2月5日(日)プノンペン市内ホテル宿泊
7:00~8:00 朝食ビュッフェ
8:00~11:00 バス移動(vKiriromパインリゾート〜プノンペン)
11:00~13:00 ランチ
14:00~17:00 tonle訪問(tonle代表レイチェル氏講演)
19:00~22:00 夕食

 

2月6日(月)シェムリアップ市内ホテル宿泊
8:00~10:00 Coco Khmer訪問(代表ロバート氏講演)
11:00~13:00 Alchemy Design Co. 訪問(代表ジョナサン氏講演)
13:00~14:00 ランチ(La Residenceにて)
16:00~17:10 飛行機移動(プノンペン〜シェムリアップ)
17:30~20:00 ホテルチェックイン&夕食
20:00~22:00 ファーサーカス視察

 

2月7日(火)
5:00~8:00 アンコールワット観光(オプショナルツアー)
8:00~9:00 朝食
9:00~15:00 伝統の森視察
15:00~17:00 アンコールクッキー、クルクメール視察
17:30~18:30 夕食
19:55~18:30 飛行機移動(シェムリアップ〜プノンペン)
22:50~ プノンペン発

 

2月8日(水)
6:30 成田着

 

 

 

今回のスタディツアーには、日本人が経営するカンボジアの高原リゾートvKirirom Pine Resortへの宿泊や、アンコールワットの朝日ツアーなど、社会起業家以外のコンテンツも盛りだくさんです。

 

日本では絶対に見ることができない、カンボジアの社会起業のリアルを、この機会にぜひ。学びの多い、濃密な4泊6日になるんじゃないかな〜と思います!

 

興味のある方は、お名前とPCアドレスを記載して、LINEからご連絡ください。

Add Friend

キリロム国立公園

La Residence

vKirirom Pine Resort

アンコールワットの朝日

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください