「ベネチア観光離島めぐり」ムラーノ島、トルチェッロ島、ブラーノ島が楽しい!

こんにちは、

もたろーです。^^

 

イタリアの中でも、屈指の人気を誇る観光地ベネチア。今回、僕はベネチア本島のみではなく、その周辺の離島も回ってきました。

 

その離島を巡る旅がとても楽しかったので、それぞれ僕の個人的なオススメスポットと共にご紹介いたします。

 

 

ベネチア

まずはベネチア本島から。水の都と言われるベネチアは、一つの大きな島というよりも、実際は小さな島々の集合体と表現した方が適切です。島のいたるところに川が流れていて、ゴンドラや水上フェリーを使った「川の上の移動」が島の人々の重要な交通インフラとなっています。

 

DSC03203

DSC03210

DSC03222

DSC03376

 

また、イタリアの都市の中でも、最も物価が高いことでも有名ですので、散財しないように気をつけましょう。ナポリで3ユーロで食べれるマルガリータピザが、ベネチアでは2倍の値段です。

 

街全体がとても古い建物であり、街全体がユネスコの世界遺産として登録されているほどです。

 

FullSizeRender

DSC03405

DSC03386

 

ベネチアの観光情報はきっと他のウェブサイトやブログに書かれていると思うので、僕は今回、個人的にめちゃ気に入ったカフェをご紹介します。

 

DSC03409

 

el SBARRLEFOという名前のこのカフェは、小さな路地の並びにあるカフェ&ビストロで、朝に行くととてもおいしいクロワッサンなどを食べることができます。

 

FullSizeRender_1

 

チョコマフィンも、中のチョコがトロトロでおいしかったです。エスプレッソも本場ならではのドロっとした感じ。宿泊していたホテルが近かったこともあり、僕は毎日通ってしまいました。

 

 

ムラーノ島

ムラーノ島はベネチアからフェリーで20分ほどの距離にある離島。ガラス細工が特産品として有名な島です。

 

IMG_1715

IMG_1699

IMG_1730

 

美しいガラス細工はもちろん素晴らしいので必見なのですが、この島の僕の個人的なオススメポイントは、めちゃうまいジェラート屋さんがあることです。

 

DSC03413

IMG_1816

 

まだオープンして1ヶ月ほどのMurano Gelateria 。(2016年5月時点)

 

ここのお店、兄妹でやっているお店で、二人ともジェラートの専門学校を卒業したそうです。どおりで美味しいわけです。

 

このお店の特徴はなんと言っても、かなり原材料にこだわっていること。イタリアのジェラート屋さんには、コストを抑えるために、人工甘味料や着色料を使ったりしている偽ジェラート屋さんも多いのですが、ここは全ての原材料を自分たちで探して、仕入れているそうです。

 

例えば、僕が食べたピスタチオ味のジェラートは、イタリアのシチリア産のピスタチオを使用。このピスタチオは1キロあたり60ユーロもするそうです。

 

IMG_1716

 

原材料にこだわるお店は、味も素晴らしいですよね。
立地は、ちょっと裏路地的なところを入った場所にあります。

 

 

トルチェッロ島

お次はトルチェッロ島。ムラーノ島からさらにフェリーで20分ほどの距離にあります。

 

DSC03268

 

ただこの島、ほぼ何もないです。笑

 

フェリーを降りて、川沿いの一本道を歩いていくと、道沿いにいくつか飲食店があり、道の奥には教会があります。それだけです。言い換えれば、とっても自然豊かな島なのです。

 

IMG_1734

IMG_1735

 

この島の、僕の個人的なオススメポイントは、教会の裏にある原っぱ!何にもない原っぱです!笑

 

DSC03263

IMG_1738

 

この原っぱで、木陰で横たわって空をボーっと見るのが最高なんです。

 

IMG_1739

 

晴れている日は、ここでピクニックやったら最高に楽しいだろうな〜と思います。ベネチア本島のスーパーでチーズ、バケット、生ハム、ワインなどを調達して、トルチェッロ島でピクニックしたいですね。

 

 

ブラーノ島

最後はブラーノ島。トルチェッロ島の目の前にある島です。ここは島全体がカラフルな家々で埋め尽くされていることで有名な島です。

 

DSC03276

DSC03294

DSC03330

DSC03340

 

なんとも可愛らしい家々ですね。それぞれの家には、この島の住人の方がお住まいです。

 

DSC03339

DSC03348

 

なんともハッピーな雰囲気のこの島。もともとは、霧の多い冬の時期に、漁から帰ってくる漁船が島を見つけやすいように、ということでこんなカラフルな色に家をペイントしたようです。

 

おかげでこの島は、漁船から見つけやすいようになっただけではなく、世界中から観光客を呼び寄せることに成功しました。

 

この島の僕の個人的なオススメは、特にないです。あえて言うならば、島を歩いているだけでとにかく街並みがめちゃ可愛いので、写真撮りまくりましょう。ただ、島の住人の方々のプライバシーは尊重しましょうね。

 


 

 

以上、ベネチア本島と、その周辺の島々のアイランドホッピングでした。

 

ベネチアへ行かれる方は、ぜひ離島も!

 

DSC03245

 

 

 

次の記事|空から撮影したベネチアの朝焼けが美しすぎた|ドローンinイタリア!!

One Reply to “「ベネチア観光離島めぐり」ムラーノ島、トルチェッロ島、ブラーノ島が楽しい!”

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください