【閲覧注意】カンボジアのゲテモノ料理レポ!(虫、カエル、孵化直前タマゴetc..)

さてさて、カンボジアのメシネタ「第二弾」ですっ!

 

 

なぜかメシネタを投稿するときはかなりテンション上がります。笑

自分でもなぜかよくわかりませんが。。。

 

さて今回は、

「誰しも一度は試してみたい!? カンボジアのゲテモノグルメ」

です!!!

 

いえーい!☆

 

虫料理
虫料理

 

まあ、カンボジアといえば、これでしょっ!!

日本では味わえない、なんとも言えないゲテモノ料理。

 

これはカンボジアに来たら、ぜったい一度はチャレンジしていただきたいです。

ということで、さっそく紹介していきまっす。

 

カエルの唐揚げ
カエルの唐揚げ

 

これは、そう。

カエルのからあげですね。

もはや定番。笑

 

これは、ふつうに美味しいです。

よく聞くように、鳥の唐揚げと似ています。

 

味もなかなかの味です。

(かたちはカエルのそのままだけど)

 

食べ方としては、手で足をもぎ取りながら、食べます。

ケンタッキーチキンと同じく、カエルの骨(大腿骨)があるので注意しましょう。

 

ちいさいカエル
ちいさいカエル

 

これは、同じくカエルです。

ちいさいカエルちゃんたちです。

かわいいですね〜。

 

唐揚げではなく、素揚げ?かな?たぶん。

カリカリっとしていて楽しい食感です。

 

ビールのおつまみとして最適なのではないでしょうか。

 

 

黒い虫
黒い虫

 

 

続いてこちらは、黒い虫です。

なんて名前かよくわかりません。

 

けっこうハードなボディを持っていますので、食べるまえに羽をもぎ取り、足をもぎ取り、おしりの刺をとらなければなりません。(めんどくさい)

 

こいつ、僕は苦手です。

 

この羽とかもぎ取る作業がなんともグロいし、つるつるしているので、難しいんです。味もちょっと苦いし。

 

僕のとなりのカンボジア人はひとりでパクパク食べていました。彼の前のお椀にはこの黒い虫の残骸が山となっておりました。。。

 

どうやら現地の人はビールと一緒に食べるらしいです。ちょっと苦いから合うかもね!(おれはもう食べないけど)

 

イモムシと巨大タガメ
イモムシと巨大タガメ

さて、こちらは大量のイモムシの上に巨大タガメがどーんと乗った一品でございます。

 

いやー、あっぱれだね。

このタガメの図々しさ。

 

イモムシは食べると、口のなかでぷちっとはじけてミルキーなクリームが出てきます。

ほんのりと草原の香りがするような、しないような。

 

タガメは僕は食えませんでした。笑

(僕のとなりにいた女子大学生(日本人)が真顔で食いました)

 

味は苦いそうです。

 

もう無理だよね、こんなタガメとか。

 

だってでかいもん、サイズが。

たぶんiPhoneくらいの長さあったよ、あれ。

 

これ食えたら、たぶん新しい境地に行けるんじゃないかと思います。

 

 

 

バロット
バロット

 

はい、ラストはこれ。

孵化直前の卵です。

 

孵化直前なので、ヒナの姿がそのまんま入っています。

ものすごくグロテスクです。

 

頭とか羽とかぜんぶついているからね。

 

食べ方は以下のとおり。

 

  1. スプーンで上部をたたき、殻をやぶる。
  2. なかにたっぷり液体がはいっているので、これをスプーンですくって飲む(ヒナのオシッコらしい)
  3. 殻をもうすこし開けてひろげて、中身をスプーンですくい、専用のタレをつける(ライム、塩、こしょうをMIXしたやつ)
  4. 食べる

 

以上です。

 

味はおいしいです。

ぜんぜんまずくない。

 

タレもけっこういい味なので、おいしく食べれます。

(見た目はグロいですが)

 

 

はい、今回はこれでおしまいです。

 

ゲテモノ料理って、見た目がすごーくアレだから、なんか抵抗あるんですけど、一口食べてみると意外とおいしかったりします。

 

なんといっても旅の醍醐味とは「五感でその土地を感じること」だと思います。

 

カンボジアに来たのに、ホテルのふっつーのメシ食べるなんてもったいない!

五感をフルに使って、その土地のもの食べましょう。

 

そっちのほうが、100倍楽しいですよ!

 

 

これはある意味、自分自身へのチャレンジでもあります(笑)。ご自身のキャパシティも広がると思うので、カンボジアへお越しの際はぜひ一度お試しください。ふふ。

 

以上、カンボジアのゲテモノ料理レポでした〜。

 

 

追伸;

他にも蟻スープとか 、コオロギとかあるよ!

 

蟻スープはすっぱかった。

蟻の白いタマゴがプチッとした食感でなんともいえない。

 

コオロギはふっつーにおいしかた。

サクサクです。

 

 



 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください