ココクメールのココナッツオイル工房を見学してきました

こんにちは!

もたろーです。^^

 

先日、カンボジアのココナッツオイルブランドの先駆けであるココクメールのココナッツオイルの工房を見学しにいきました〜!(^^)

 

写真 (12)

 

ココクメールのココナッツ製品は、僕自身も愛用しており(マッサージバームがお気に入り)、僕の知人友人にも定評があります。^^

 

写真 (13)

 

 

ココクメールはカンボジアで栽培されたココナッツを利用し、ココナッツオイルをはじめ、マッサージバーム、リップクリーム、石鹸、ボディスクラブなどなど様々な商品をプノンペンにて販売しているブランドです。

 

僕がココクメールの商品を知ったのが2014年6月ごろだったのですが、僕がこのココクメールに興味をもったポイントが、かなり社会起業的なビジネスモデルだな〜と感じたからです。

 

ココクメールの公式FBページにはこう書いてあります。

 

Coco Khmer is the proud maker of high quality coconut oil and coconut-based products. We’re a true triple bottom line social enterprise that provides training, support, and work at fair wages for the community around the former Boeung Kak Lake area.

 

要するに、Boeung Kak湖の周辺コミュニティにて、社会的貧困層に属する人々のために、トレーニングや支援、公正な賃金での仕事などを提供しているのが、ココクメールなのです。そのためのビジネスモデルが、ココナッツ製品の生産と販売です。

 

また、ミッションとしてこのようなことが書かれています。

 

Our mission is to create high quality coconut-based products, while empowering families around Boeung Kak Lake, Phnom Penh and in Toch Village, Kampot, through training, community support, and fair wages.

By using the coconut as our base we hope to reduce our impact on the environment and eventually become a zero-waste, zero-carbon enterprise.

 

簡単に訳すと、、、

 

”私たちのミッションは、高品質のココナッツ製品を作ること。そして、トレーニングやコミュニティの支援、そして公正な賃金を与えることを通して、プノンペンのBoeung Kak湖とカンポットのToch村の家庭をエンパワメントすることです”

 

”ココナッツをベースにすることで、私たちは環境への負荷を減らし、廃棄物ゼロかつゼロカーボンな企業を目指します”

 

です。

 

 

これを読んで、直感的にビクンッときてしまった僕は、実際にココクメールへ連絡をとり、その工房を見学しに行きました。(^^)

 

 

工房はプノンペンのBoeung Kak湖のすぐそばにあります。工房なので、もっと工場のようなな施設をイメージしていたのですが、外見はふつうの家でした。笑

 

(ふつうの家すぎて、なかなか発見することができず、諦めようかなと思ってしまったほどです。笑)

 

 

中へ入ると、ココクメールの製品がずら〜〜〜っ。

 

写真 1 (46)

写真 3 (39)

写真 1 (47)

写真 1 (48)

 

ここのアシスタントの方にいろいろと説明していただいたきました。ココクメールでは、地域に住む人々を雇い、ここで作業をしてもらっているそうです。

 

写真 3 (40)

写真 4 (36)

 

 

 

みなさん女性で、楽しくおしゃべりしながら、笑顔で作業していたのがとても印象的でした。^^

 

とってもいい雰囲気でした。

 

 

 

また、ココクメールでは、材料の配合から香料の選択まで、あらゆるバリエーションの試作を試して、常にいくつもの新しい商品の試作品をつくっているそうです。

 

写真 3 (41)

 

 

「何度も何度も実験を繰り返して、よりいい商品を作ろうとしているの」と案内してくれた女性が話していました。

 

写真 2 (45)

 

 

 

今回は代表のロバートさんはバイクの修理?(笑)で、工房におらず会えなかったので、後日メールでお礼を伝えました。

 

 

メールでいろいろと話を聞けたのですが、ここでとても興味深い言葉を聞くことができました。

 

 

 

以下、ロバートさんのメール内容抜粋。

 

私たちの小さな工房は、あえてローテク(ハイテクの反対)な方法を使って、高品質なハンドメイドのココナッツ製品を作っています。

 

これによって、この工房の作業スペースを最小にまで抑えることができました。ただ、確かにこの工房は小さいのですが、今プノンペンで販売しているココナッツ製品のすべての量を、この小さな施設で作ることができます。

 

私にとっての究極のゴールとは、私のメンバーや他の人々がなにか「ビジネスを始めたい!」と思った時に、100万ドルの工場を作る必要がない状況を作ることなのです。

 

だからこそ、私たちは工夫を凝らす努力を行い、財政的に健全であることを目指し、常にイノベーティブでクリエイティブであることを心がけているのです。

 

 

確かに、もしビジネスを始めたいと思っても、そこで大きな資金が必要となると、なかなかビジネスを作ることは難しいです。

 

ですが、彼のいうように、大きな資金を必要とすることなく、だれでもビジネスを簡単にスタートすることができれば、それは人々にとって大きなチャンスになるのです。

 

それは、今のカンボジアにとって、とても必要なことであるように僕は思います。

 

 

以前、今のカンボジアに必要なのはクリエイティビティだという記事を書きましたが、まさにこれを体現しているのがココクメールだともいえるでしょう。

 

 

もちろんボランティアなどによる支援も大切ですが、その次のステップとして大切なのは、その人が自分自身の足で歩き始めることだと思います。

 

 

ココクメールは最高品質のココナッツオイル製品を提供すると同時に、新しいカンボジアの発展の可能性を追求しているように思います。

 

 

そしてこれがひとつのロールモデルとなったとき、それは世界中の人々に注目される新しいビジネスモデルになるのではないかと思います。

 

 

ミニマムな資源で、環境負荷をかけることなく、人々をエンパワーメントしていくビジネス。

 

これからの時代に沿った、ビジネスのあり方だと思います。

 

 

 

 

ではでは、これからもココクメールの商品を使っていこうと思います。^^

 

では

 

Small is Beautiful

 

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください