カンボジア関連のおすすめメディア3選(ブログ、ニュースメディア、ウェブサイトetc.)

こんにちは!

もたろーです。^^

 

お元気ですかっ!?

 

カンボジアはもうすぐ雨季がおわります。

 

12月になると、驚くほど涼しくなり、一年の中で最も過ごしやすい季節になるそうなので、今から楽しみです。

 


 

 

 

さて、僕はこの個人ブログを、カンボジア渡航から2ヶ月後くらいに書き始めました。

たしか、2014年5月末くらいだったかな。

 

 

週休1.5日のハードスケジュールにもかかわらず、おかげさまでコツコツと継続できており、いまでは週4記事は最低書けるようになりました。次の目標は週6記事更新で、その次は週7記事が目標です(いつも週末にまとめて記事かいています)。これからは更新数だけだはなく、もっともっと良質なコンテンツを作れるように、意識していこうと思っている次第です。

 

で、このブログをこれからも楽しくコツコツと更新していこうと思うのですが、カンボジアについてのメディアはこのブログよりももっともっと先輩の方々がいるもので、今日はそういったカンボジアについてのおすすめメディア(僕の個人的な好みです)をご紹介したいと思います。

 

カンボジア在住の方にとっても、これからカンボジアを旅される方にとっても、読んでいるだけでタメになり、かつ楽しいメディア様です。

 

では、どうぞ。

 

 

1,ペーパーバック|プノンペンの食を中心としたライフスタイル提案ウェブマガジン

 

スクリーンショット 2014-10-29 16.17.06
paperback

画像引用元: paperback

こちらは2014年2月からスタートしたウェブマガジン「paperback」です。

コンセプトは「食を中心としたライフスタイル提案」。

 

サイトのデザインがスッキリおしゃれな感じです。また、掲載されている写真もとても美しいものが多く、サイト全体として高級感あふれるハイセンスな印象です。

 

「食を中心とした」と書いてあるように、初期は食に関する記事(主にラーメン!)が多いのですが、現在扱っている記事は食だけに限らず、ファッションやアート、イベントやブランドなど、多岐にわたっております。

 

個人的には、ファッション関連の記事がとても好きです。

 

ペーパーバックさんに掲載されている記事は、まだまだ「途上国」「貧困」「汚い」とったプノンペンのイメージを変え、プノンペンのハイセンスな一面を見せてくれる、そんな魅力を持ったウェブサイトだと思います。こういったエッジの効いた飲食店、イベント、ブランドは「これからのプノンペン」の新たな可能性を感じさせ、プノンペンの数年後の発展を見せてくれるような気がします。

 

 

2,カンボジア経済

 

スクリーンショット 2014-10-29 16.19.04
カンボジア経済

 画像引用元:カンボジア経済

続いては、「カンボジア経済」ブログです。

こちらはカンボジア総合研究所様が執筆する、カンボジア経済に関する記事を中心としたブログです。

 

カンボジアの経済状況に関する情報では、こちらのブログが最もオススメです。

政府の発表や、カンボジアの各ビジネス業界の動向、日系企業の活動などについて、簡潔にわかりやすく解説してあります。

 

僕は毎週発行されるメルマガ「週間カンボジア経済ニュース」に登録し、そこで一週間の経済記事をまとめて読んでいます。

 

カンボジアでビジネスをやられている方、これからカンボジアに進出しようとされている方は、まずこのブログを読まれるといいのではないでしょうか?

 

 

 

 


 

 

 

あ、すいません。

 

3つくらいご紹介しようと思ったのですが、「これだっ!」といえる日本語のメディアが見つからず、現在私が愛読している2つのメディア様だけになってしまいました。笑

 

あ、じゃあ3つめはこの「カンボジアで自然を感じる旅」ということにしておいてくださいな。(^^)笑

 

もし他に「このサイトいいよ!」というのがあれば、教えてください。

 

 

今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

では

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください